「ラーバタス」および「らばた工房」公式ブログです。新作等の情報の公開と、高石ふうの痛い日誌も兼ねております。
令和元年「コミティア128」リポーツ&らばた予定
190514bg00.jpg

今回の設営状況です。じゃん!今回のコミティアを一言で言うなら「新・めぐりあいコミティア」(なんじゃそりゃ)それでは当日りぽーつ参ります。長いんで久しぶりに追記行きます!

あ、その前に、今後のらばたの参加予定貼っておきます!

190514bg03s 4

では下からどぞ!↓
(ツイートボタン近いので気を付けて)

◆コミティア128りぽーつ!

A03.jpg

初の青海棟です。駅降りてすぐ!立地が素晴らしい。いままで西だけでやってたコミティアとかだったら、もうずっとここでもいいと思うぐらいに素晴らしい。りんかい線利用者としては、駅もイッコ前になるので、もういいことづくめ。

しかし!目の前に広がるおしゃれタウン!今回はコミティアなのでそれほどアレな人はすくないのですが、アレ全開のコミケでは、この精神的ハードルはなかなか高いのではないのでしょうか?


a01.jpg

そして、会場の天井はごらんのように、懐かしのプレハブ的な波板。これ夏は天井で目玉焼き出来るやつ!暑さは本館の比ではないと思います。空調のダクトはアルミ保護で、太さはちょっと頼りないかなというサイズ。この力がどれほどのものなのか。

A02.jpg

また、このアルミのせいなのか、携帯の電波がほとんど入りません。企業スペースでは「フォローしてくれたらクーポン!」みたいなことやってたけど、アクセスできない人多数。あらら。ちなみにツイッターもろくに見れません。シャッター開いたら多少改善されたけど、やはり繋がりにくさはかなり。改善されるかしら。



◆運営面

さて、運営についてです。人の出はかなり多かったかと。自分のところは、思っていたより沢山買って頂けました。

色紙は開幕数分でお嫁に。ありがとうございます。オリジナルキャラなのに。色紙販売は一抹の寂しさが残るけど、買っていただいた人には大事にしてもらえれば嬉しいです。色紙はもうちょっとちゃんとやりたいです。コピック好きなのよね。

それと、初めてらばたを知って下さった方や、全種類購入の方が多く。ああ、自分はコミティアちゃんと出てないんだなぁと痛感しました。


◆周りの状況

さて自分の周りを見ると。準備段階で、コミケみたいな積み方してる人が多い。机の上に200ぐらい?乗ってる。下にもダンボール箱。え!?と思い、サークル名をツイッターで調べさせて頂くと、なるほど5桁オーバーフォロワーさん。

でもね、コミティアはね、多分、壁でもほとんどのサークルさん、200捌けないと思いますの。島中配置の時点で、100あれば充分じゃないかしら。

てか、これで爆死して「コミティアは売れない」という情報を流すことになるのか。自分も多分、その流れで「売れない」とか言ってたのかも。でも、今回、それが違う事に気が付きました。この後は、「コミティアで高石思ったことパート」です。ちょっとトゲあるかも。ちょっとトゲあるたいやきです(?


◆「同調を好む人たち」なのかな

翌日かな、ネットのニュースでこんな記事があったのです。


既にこの記事が結構トゲあるのよ。ようは「同調に流される人たち」みたいな事。
鵜呑みにする訳じゃないけど、自分の疑問については、かなりここで一本筋が通った。

えっと疑問というのは、その5桁フォロワさんたちより多分、3桁低めフォロワーのウチの方が売れてるんです。本の山、全然減ってないもの。自分もコミケではいくらか売ることが出来るので、1冊がアレでだいたいアレで何冊売れたのねってのは解ります。なのであれれ?って見てました。

まず描き手の話ね。絵の始まりって「こんな絵が描きたい」だと思うのよ。で、その後「表現したい」に切り替わっていくと思うんだけど、ずっと「この人気のある人みたいに描ければ自分も人気をとれる」のほうにいっちゃうと、「流行りの絵」を描いて行くことになると思うの。これもひとつの「同調」じゃないかなって思う。

これはこれで重要な要素なんだろうけど、自分にはみんな同じに見えちゃうのよね。表現したいものが「上手にお絵描き出来る自分すごいでしょ」しか伝わってこない。自分は、作品には興味をもつけど、作者に興味を持つことはまずない(深田恭子が描いてたら別

で、次に買い手の話ね。記事にある「とりあえず、乗り遅れるなとばかりにタピオカに並ぶ人」みたいなやつで、つまり「流行りの絵柄を描ける人をフォローしておくことで、自分のアンテナの高さを誇れる」みたいな?「この人を知らないなんてモグリだぜ?」みたいな。極端な例だけどね。

さらに、買い手の方もこのどこかで見たことのある絵は絶賛しやすいのよ。自分のアンテナの狂いになりづらいから。そうすると、その声の大きい人をフォローしてる人が「ああ、これは間違ってないらしい」と絶賛が続く。

こちらも「流行りモノを見抜ける自分」という主張をメインに感じる。ツイッターやコミケは、この部分、大きいんじゃないかなって思った。

でも、それでもいいと思うのよね。お金も動くし、みんな幸せだし。


◆空転する怖さ

ただ、これだとこの「人気」は、すべて「消費者自身」の上に成り立っている気がするのよ。その作家というものは、ちょっと好みなら何でもよくて、それに乗っている「自分」がメインになっちゃう。

まあ、消費ってそういうものかもしれないけど。その土台は「乗れるなら何でもいい」ので、代替が簡単に効く。なんだろ、本を読みこむというより、「今日の戦利品!」としてネットに上げること、「控えめに言って最高」などの借り物の言葉でツイートをするなど、自分がそのサークルを押さえている事が重要、みたいな感じなのかな。インスタ映え、みたいなアレなのかな。

自分は、描き手として一番恐れるのはそれなんです。作品はただの酒のつまみで、味が濃ければ何でもいい、みたいな。そしたら、描いてるヒロインたちがちょっと可哀想だなぁって思うんです。(お前が可哀想な事させるからや

そのために描くのもアリでしょうけど、自分はそこに重きをおいてなくて、ボールを打ち返すような手ごたえが欲しいなぁって思って買いています。


◆自分が向き合うべき人たち

コミティアは、多分、そういう買い手が少なく感じる。何かを探している。自分の眼で、自分に合うモノを探している気がする。それに、ウチのお客さんも、そういうのはビシバシ感じる。高石は人気作家ではないので、ウチに来て下さることを自慢しても、何か意味を成すとは思えないもの。

とすると。こちらは「自分は何を描いているか」を伝えなくてはいけない。伝わりやすく、届ける必要がある。また「何を」描くか。もっとはっきり、しっかり浮き出さないといけないなって思いました。

今回一番の収穫は、この「誰に描くか」を明確に、掴めたことです。今までもぼんやりはあったけど、数万フォロワーの世界は知らなかった(興味もなかったけど)ので、どこかに、「もっと知名度を上げなきゃ」みたいなのは自分にもあったと思う。

でも何万フォロワーになればなったで、好きな事言いにくくなるし、こんな記事書いたらインネン来るわけでしょ。対応の時間も勿体ないし(多分お気軽ブロックだとは思うけど)、だったら今のままで充分。むしろ、このまま潜って好きな事を描いていたい。


◆ということで。

足場をきちんと踏み込めた感じです。で。6月アタマぐらいに、「腋姦マーメイド」の製本版出ますのですが、上記を踏まえ、ちょっと書き直します。この本のメインは「あの腋に入れたい」だから(言葉にするとこれまた)、もっとそういう描写を丁寧に描きたいです。それを求める人にとどけたいじゃんね。手ごたえのある本を。

それではまた次週!
あ、最後に戦利品。忍の末裔すっごい良かった……!!一発でファン!こういう本を描きたいなー

190514bg04.jpg


コミティアの「位置づけ」
190509.jpg

新刊はこんな感じなんですが、コピー本です。多分10部ちょっとしか作らないと思います。お金の為に描いてる、仕事のつもりでやってますとか言ってるくせ、10部のコピー本売りに行くんですよ?もう出なくて良いじゃんっぐらいの勢いです。

でも、なんで出るのか? 申し込みをしてしまったから……ではなく。その申し込みをした時点で、出る理由があったからです。その理由(当時)は、まごうことなく新刊発表です。

ただ、昨年後半からちょっと余計な仕事に手を出してしまい、製作時間が圧縮されつつありまして。あんまり納得のいくものが出来てないんですよ。でも、イベントを設定すれば、締め切りが決まるのでとりあえず形にはする。で。反省して、もっとこう出来たはずだって落ち込む。

自分は1本作るのに、おおよそ2か月掛かってました。もちろん、原稿だけ毎日やってればもっと短縮できると思いますけど、あんまり詰めると精神がぶっ壊れて社会生活に支障をきたす(これマジなんですよ)うえに、次作へ行くパワーを使い切ってしまうんです。なので、2か月。

で、今、それがどうやら、3か月まではいかないまでも、ちょっと伸びてる感じです。書き込みが増えたってのもあるかもですけど、なるほど、ここの延長部分が強い圧縮を食らってるんだと。

なので、コミティアを「新刊おひろめ」というより「コミケは混むから嫌という方に既刊をお渡しできる場所」という位置づけで考えてみました。なので、コミティア新刊は、1個前のコミケの新刊になります。

でも今回、こないだのコミケ分は完売しちゃってるんです。ずみまぜん。だから、新刊はないんです。次回からは、コミティア分もあらかじめよけておきます。

それと。今回やってる「コピー本」なんですが、ちょっとおもしろいです。紙質とか自由に変えられるのがイイです。これ、今後もやっていこうかしら。コミティア用に。

いちおう、前日までにおしながいておきます!











 
平成最後の日は体の休息日に。
190430s.jpg
ごきげんよう皆様。まず、新刊についてです。ただいま製作中で、下書きをしています。多分、連休使えば間に合いますが、コミティアって、30部売れないんです。すみませんこういう話で。

部数がすべてという訳じゃないですが、結局大量に刷っても売れないことが解っている、その後当選するかどうか解らないコミケ在庫を保管しなくてはいけない、がっつりお金は取られるだと、これ、リスクしかないコミティアに間に合わせる意味あるのかというところにたどり着いてしまいました。

趣味だったらリスクで判断するのもどうかと思いますが、らばたはほとんどお仕事状態なので、ここで運転資金を枯渇させる訳にはいかんのです。かといって、新刊ナシでは、その買ってくださるかもしれない30名の方に申し訳ない。なので、コミティアは高石初のコピー本を予定しています。このコピー本は、後日、印刷時にも同時収録できればと思っています。

……あ。そうだ。「お仕事」とは。最近思うことがあります。ビジネスセミナー大好きな若者にありがちのセリフ「この会社で自分のスキルを伸ばせるかどうか」。これ、悲しいほどにはき違えたセリフじゃないですかね。自分のスキルを伸ばすのは学校です。もしくは趣味でやってくれと。仕事というのは他者貢献です。まず、他者を喜ばせたり、役に立てたり出来るか。それが仕事。スキルアップはオマケ。自分のスキルアップありきで、なんでお金もらうんじゃ。

だから、「らばたはお仕事」って、そういう意味なんです。読み手が喜んでもらうことが重要。自分のスキルアップ、そういう気概は好きですけど、それが最初に来ちゃったらおかしくなっていく。「同人だから」という免罪符は、あんまり好きじゃないです。令和はこのあたり、ハッキリ行きたいと思います。らばたは、読み手が喜んでくれること。それで対価を頂きます。FANTIAやFANBOX(ただ、作家にお金をあげるシステム)は、あの手が流行るという事は自分がしてることの否定ですからね。アタクシのお仕事流儀に合わないので無視です。むっしっし

で。平成最後の日です。らばたの創作の源は、我が体です。とりあえず、これがあれば、お話を考えられて、創作を続けられるわけで。らばたは2003年から始まりましたが、平成を走り続けてくれてありがとうの意味を込めまして、本日は我が体の休息日としています。今日1日、お茶とヴィダイン1つのみの断食です。ごはん抜くと、雑に積み上げられていた体の中が、整理されていく感じがすごくあるんです。工場が広くなっていくような。普段食べ過ぎなんだろうなー。

しかし断食、何にもやる気でないですw
明日、令和から。しっかり食べて。再スタートです。
今後も頼むぜ我が身体ーーー!


プリのほうのツイッター、もういいかなぁ……?
190423s.jpg 

プリキュアものもようやくおわり、コミティアまでの短距離走です。がんばるじょー。

でね。ココの人たちにはほとんど関係ない事なんですけど。ごめんねまき散らして。でね。

レイフレ(プリの同人誌即売会)って、終わると必ず、「オレはこんなことされた―!」「アタシはこんな嫌な思いをしたー!」ってツイートが出てくるのね。どこまで誇張か解らないもの。ご丁寧に白ハゲマンガまで作って。いや、白ハゲならまだしも、プリキュアたちを登場させて、描き手の気持ち悪いエゴを言わせたりするですよ。そういう人はもちろんフォローしてないけど、だれかのリツイートで目に入っちゃうのよね。

で。最後には「これを描いた理由は皆さんが嫌な思いをしない為に注意喚起」とか「マナーを守りましょうという掲示です」とか。自分のゲロ吐きまくって、周りにゲロ処理させて。ダメ押しにあなたは間違ってない待ちして。どんだけ過保護に育ってきたんじゃ。自分はこういうのすっごい苦手で、本当に気持ち悪いなぁと思うのです。

あ、そうだ、もう、ついでにもう一つごめんね。「薄っぺらい感想のやり取り」も苦手です。あらすじをなぞったような、本を読まなくてもかける感想とか。全然「感じて」も「想って」もいない。

でも、わかりました。これは、「交流」なのかもしれない。大人数に、丁寧に感想書かれている方もいて、多分、書かれた方は嬉しいわけでしょ。そうすると、自分が感じた嬉しいを誰かにも、って思ったりして。みんなハッピー。

ちょっと話それます。新しい武術の老師に出会えまして。対人練習なのですが、その人、手の内を全部明かしちゃうんです。ご自分が何十年かけて積み上げてきたものを。勿体ないほどに。師いわく、「自分だけこの技を盗んでやろうというエゴの塊に付き合いたくはない」。つまり、どんどん教えるから、オマエも誰かに伝達していいぞと。やばいカッコイイ。

こういう人に出会うと、自分もその人にいろんなものをフィードバックしようと思い、協力的になるというか、同調します。自分はさっきこう思った、これが良かったなど。周りの者もそうなる。これも「交流」。

上記の、2つの交流。同じなの……かな?。ちがうな。前者は、全然乗りに来ならない。後者はすっごい楽しかった。「相手を認めているかどうか」の違い、かな。

帰りたいだの、眠いだの、口を開けば不平不満、誰が悪い安倍総理が悪いなどと言ってる人間を、自分は尊敬できない。交流もしたくない。ひょっとしたらその裏面には、興味深い人間性があるのかもしれないけど、別にその人に着目する理由はない。

ツイッターはこれを、自分の人嫌いを、増幅してしまう。
もう、ツイッターしなくていいんじゃね?



……


……


…………ただ、自分は、作品を通して、その人たちへの応援歌を描いている。


ような気がする。
なんでか?


……


実は、自分の本質も実はそこにあって、鏡を見てるような気分になるから嫌なのかな。
自分を見る、つまり「自己受容」。

自己受容できていない人間は、きもいと思う。
アタシかキモいのは。
旅はまだまだ続く。


あ、だからってわけじゃないんですが、今後、プリキュアの方に割いていた時間をらばたのほうに入れて行きます。プリキュアのおかげで、一コマに何人も描くことが嫌じゃなくなったし、描けないものをたくさん書けるようになったので、まったくやめることはないですが、従来よりも比重が変わると思います。

令和に向けてゴー!
次、「マーメイド」が主役です。
190416s.jpg


ようやくプリキュア原稿終わりまして。イベントも無事に終わってきました。
プリキュア用の本は、印刷数が少ないので完売してもトントンです。
配送費や申し込み手数料入れたら間違いなく赤字です。
赤字を出すために、時間と労力、今回は視力さえも削ってやってみました。

自分はお金の為に絵を描いているというのに。まったく。
でもこれがまわりまわって、自分の上達=お金になるという風に考えております。
今回も様々な能力を身に着けましたよ。
がけっぷちに追い込まれると、なんか、やり方を見つけるんです。
だから、自分の能力は、がけっぷちにどれだけ追い込まれたかで出来ています。

もっと追い込まれないとダメってことかーーーー(;゚Д゚)

はい。とりかかります。コミティア原稿。今回もタイトです。
でも挑戦したいことがあります。今回は多分、「人型」が出てきます。
本物の人間にしてもいいんですけど、そこはクリーチャーにすると思います。
クリーチャー好きだし。( ゚∀゚)ノ

いつもはイノセンスなモンスターを描いていますが今回は展開上、相手がエゴを持っていた方が盛り上がる予定なのです。

新元号のもと開催されるコミティア、らばたも新たな海に乗り出します!
どどーん

わー座礁したー

縁起でもない!!!(;゚Д゚)

描けませんでじだあああ(T△T)
なんでこんなに時間かかってんだろーーー!?今週こそ何か描けるとおもったんだけどなあああ 今度の日曜プリキュアイベントで、それ終わったらひと段落です。うがああ
れっつごーれいか
190124r.jpg 

プリキュア原稿、来週の月曜締め切りなんで、来週はなんか描けると思います。ここまで引っ張るとは思わなかったです。液タブのせいなのか、自分の進化か、細かいとこまで描いちゃうんですよね。で、結局時間かかってる。今日の挿絵は1月頃の絵です。

今日書きたかったことは、

  • 令和は実質れいか
  • 作画のレイヤーを毎回変えない。整理する。
  • まんがの手順。トーン、下書き、とか流れ作業みたくしないで、時間かかってもコマごとが気合入る。
  • 液タブと、手首の角度が同じだと、腱鞘炎になりづらい
  • 細かいところは必ずお手本を見ろ。
  • らばたニューモードに突入。BOOTHまたやりたい
  • あいぽんカメラ限界。1眼が欲しい。
  • 今読んでる本は「2020マイホーム問題」

このあたりです。特にらばたニューモードは着々と進んでいます。
ちょっと時間が取れたら……って、もう冬コミ迄ずっと原稿だけど。ね。

ねー(;゚Д゚)
画像なしですみません
190222s.jpg


と思ったけど、以前ツイッターで描いたプリキュアを張りました。こっちではプリキュア描かないって言ってるのに。

えっと、プリキュア原稿で忙殺なう(でもそれもどうかと思うんだよね……赤字確定にいそしんでるのだから)なので、4月からの予定を言います。
1:コミティア原稿をします。
2:らばたのBOOTHを復活させようと思います。物販と、DL販売もやろうと思います。
3:新元号を気に、新たな世界に突入していこうと思います。女の子の一人芝居以外にも描ける様になりたい。

以上ですキャップ!
 
うおーー年度末ゥゥゥ!!
190321.jpg

何か描けるかなと思ったのですが、忙殺なうです!!プリキュアの方のイラストでお茶を濁します!! 今読んでる本は「天才を殺す凡人」 ヒットしにいくぜえええーーー!!
「売るより売れるの時代へ」という本を読みましたよ
190313.jpg


売れたらいいな。電車の移動は、少しでもデジタルから目を休ませたいので、もっぱら紙の本です。

で、この本は水野学さんというビジネス的な?有名講師の本だそうで、マーケティングとデザイン学を混ぜてすっごく簡単にしてくれた感じの本です。素人の高石には、学ぶべき点はありましたが、例によって半分ぐらいは筆者自身の実績の披露なので、そのあたりは飛ばしました。びゅんびゅーん。

そのなかで「企業に必要なもの」という章がありました。らばたは企業じゃないですが、買ってくれるお客様がいる、モノを作り出す運営という点においては、自分としては企業みたいに考えております。

企業に大切なもの、それは「目的」と「大儀」でした。

特に企業において、この二つが重要な役目をするのは、自分もなんとなく感じておりました。世のため人の為的なでっかいものでも、迷った時の指針になります。そこで、らばたのこの二つはなんだろうと考えてみました。

「目的」は、らばたの世界をみなさんにご案内すること。
「大儀」は、一瞬考えました。女性たちの……いや、モンスター達の救済、になるのかな。いつもやられ役のモンスター達に光を当てたいというのが、そもそもの出発点なのかもしれません。

もう一つ、面白い章がありました。「企業を擬人化する」ということです。
「いい人」「やんちゃな人」とか色々企業を人として見る、ということみたいで、そういう人っぽくあろうとすると、方向性も決まってくる、ということです。らばたはなんだろう?どんな人?

多分、「ちょっとみんなと離れた場所でなんか黙々とやってる変な人」だと思います。自分はそうありたいと願っています。最前線で喝さいを浴びてる人では、間違いなく、ないのです。

運営に迷ったときはここに立ち返ろうと思っています。特に大儀。自分はモンスターの味方でありたいのです。


あ、5月コミティアは申し込みました。
いよいよ連休まじかです。かなり押せ押せです。