「ラーバタス」および「らばた工房」公式ブログです。新作等の情報の公開と、高石ふうの痛い日誌も兼ねております。
「脳過労」の持論アモス
190219s.jpg 

はやてのようにーーー!!(何)先週も偉そうになんか語ってましたが、ここはそういう痛い場所です。ごきげんよう高石です。今週もレッツ語り!

昨夜のクロ現で、「脳過労」という言葉を知りました。これは、「スマホなどをずっと見続けてることにより、脳が処理できる情報がオーバーしてしまう」という話でした。オーバーすると、オーバーヒート対策なのか、血流が滞りずっと低出力で作業するという事になるそうです。

これ、いわゆる「なんかぼーっとしてる」「やる気が起きない」という原因じゃないかと思うのです。情報を絞ることで、脳の処理を行わせたい。また、同時に自分のレベルアップも図りたい、と。そのためには「ぼーっとするがいい」という事みたいです。

自分に当てはまる部分が多くて、自分は今後、意識的ぼーっとしていこうと思いましたよ!とりあえず電車ではスマホ見ない!余計な情報は入れない!あ、そしてこれは、まとめて画像化してみました。下にはっときます。ツイッターにも貼ったろ。

……でも「描けない時はインプット不足」ってあったじゃ……あ、そうか、インプットしても処理できてないのか。そういうことかー!おれは賢さが1上がった!

さて、新作なんですが、前にもお知らせしたとおり、コミティア合わせになりそうです。2月に出したかったなぁ……。コミケは応募しましたよ!!今年は4日開催で変則なのでどうなることやら!

でも。脳の血流コントロールを知ったアタシはもう無敵です。脳の血流マックスでお送りしていきます。

190220gs.jpg 

「恥を知れ!」というストーリー性
19021s2.jpg

「恥を知れ!」って、よく映画なんかで使われるセリフ、あるじゃないですか。何気なく見てたドラマで出てきて。で、なんかこのセリフが引っかかって、考えてみました。で。最後は、これが自分にとって重要だったというコトにつながりました。来ましたよ。持論を展開しそうですよ。します。

まず、どんな時に使うか? ドラマは、私欲の為に人を裏切ったときでした。他には、敬意を払うべき相手にそれができなかったときとかでしょうか。これは、相手に「恥という事をしって、上等な人間になりなさい」とか「人としてあるべき基準の行動をしなさい」という事ですよね。

で。その「人としての基準」というのは、結局、その言った人の倫理観じゃないかなあって思ったんです。だから、その人が上質な人間なら、かなり多くのことを恥知らずの行為とみるかと……あ、でも、上質な人間であれば「世間一般のレベルに照合して」という事もできるだろうから、自分以下は何が何でもダメとはならないか。

うーむ、たとえば、満員電車の爆音ヘッドホンとか。自分は迷惑行為と思うけど、その人にとって、これは恥ずべき行為ではないわけで。また、たとえば、ゴミをそこらへんに放置していく人。これもその人にとって以下同文。なるほど。この人たちは自分から見て、下等な人間である、と、自分は思ってるのかなぁ。

だって、これらの「恥と思うレベル」をどんどん下げていくと……多分、お猿さんになっちゃうでしょ。お猿さんはごみをごみ箱に捨てられなくても多分、それが恥ずべき事と思わないものね。

んで、逆に。「人前で自分の意見を言うことを、恥ずかしいと思うな」これは、ちょっとニュアンスが違う。恥ずかしい事と「思うな」という事。さっきのは、恥ずかしい事と思えという事。

たとえば、「人前で意見を言うことが恥ずかしいと思う人」が、堂々人前で意見する人に対して「恥を知れ」とは言わないもんね。だから、恥ずかしいを「知れ」というのは、恥ずかしいことはするな、ではなく、「恥の使い方を知れ」という事なのかな。とすると、使い方を知るというのはやっぱり人として上質であれ、上等であれ、ということになるのかな……だったら使い方としては一緒か。

でもさ、この「恥ずかしいと思う事」って、どっちかっていうとその人前でしゃべるみたいな「勇気を伴う事」についてのほうはよく話されて、「その殻を打ち破るのよ!」的な説話はよく見る気がします。でも、未熟で無知な事を恥ずかしいと思え、と具体的にはあんまり言わないで、そのままダイレクトに「あの者は愚かである」と、人格否定に行ってるような気がする。

なんでか? 仮定だけど、多くの人が「未熟者を成長させる方法を知らない」からじゃないかなって。個人主義バンザイのこの時代、他者にかかわると、余計な被害を被る。自分と似たような価値観をすでに持っていて、その人と話すのは容易だし、実際楽しい。

自分も若いころは「社会に出る以上、最低限その人としてのマナー(=今日の話だと「恥を知る」という事)を身に着けておいて当たり前だ」ぐらいに思っていたこともあったし、身に着けていない者はごく少数で、切り捨ててもよい存在だ、と。

でも実際は、全然少数ではなく、自分の知ってる恥と他者の考える恥は、ずいぶん違う。はたして自分もどっちに属するのか、わかったものではない。つまり、他者の多くは、自分と価値観の違う存在であると思った方がよさそう。

ここで高石、「自分と全く違う価値観を持つ相手に、自分はこう思います、これが好きです」って伝えるのって、これ、作品作りとおなじだと気付くわけですよ。それには、どうするか。解りやすく、簡潔に、相手に伝える方法。ははぁ、自分に足りないのはそれだ。長い文章を書いて、伝えた気になってる。この本文もシカリ。

そしていつもは「じゃーこれからも!制作頑張ります!」で終わる。
でも今日は終わらない。ちゃんとおさらいしながら考える。


1:「恥を知れ」という言葉は、恥ずかしいと思うことはするな、という意味で、人としてこうありなさいよ、と伝えようとしている。

2:でも、その具体的な解決策=どうあると良いのか、的な意見はあまり見ない。これは、我々は自分の考えを、他者に伝える術に乏しいのではないか?

3:この「説明するのに難しいものを、価値観の違う相手に伝えるにはどうすればいいか?」とは、これ、自分のやってることと同じじゃないか? つまりだ。「異種カンの素晴らしさ」を、どう、読み手に伝えるか?


「よくわかんないものを人へ伝える」というところに降り立った。自分の場合は、異種カンだ。どうする……どうする……!?


あーーーー!!そうか、それが絵であり、物語なんだ。言語化できないものを、絵と、お芝居を通して、相手に投げる。わかりやすく、退屈させなければ、相手はそのシャワーを浴びてくれる。気に入らなければ離れていくが、まず体験してもらうという最初のチャンスは掴める。

つまり、「恥を知れ」とは、直接攻撃的な言語ではなく、強キャラとかの言う「こういう世界あるぜ?お前もきてみたらどうだ?」ということで。この言葉ひとつでその裏にある世界や物語を見せてるんだ。だからドラマの中で引っかかったんだ。だってそれはまさに自分のやりたいことだもの!

わたくし、その導き手になるためのスキルを、みがくべし!!
ほら!!着地きまった!!でしょ!!(か?
うん、ちゃんと、ダメなりに頭を使って書くとそれなりの結果は出るのね。

でも、いつもね。このブログは、自分の思考順に一発書きで書き残してるのね。だから、文章として一貫性が無くて、主張も主題もビュンビュン変わる。びゅんびゅーん。推敲もろくにしなくて、自分が読み返したときに、カドがとがったままの愚かしさを楽しんだりしてたんだけど、それが結局「伝えることの弱さ」になっちゃってる気がして。

今日の文章は、何回も組みなおして、書き直して、一つの流れにしてるので、2時間ほどかかってる(;゚Д゚) いつもは30分程度。絵もいれて1時間程度。

時間かかるけど、これは導き手になる為の、訓練になる。凄い人は、こういうのだって短時間で書けるはずだ。自分がそれにならなくてどうする。

がんばる。(やっぱ最後はそれか

フィードバックをしよう
190925.jpg

自分は果物にヨーグルトかけて食べるのがすごく好きで、毎朝食べるのです。なのでヨーグルトの消費が結構すごくて、先週ついに自家製ヨーグルト製造機を買ってしまいましたのですよ。これが奥さん、すごいのよ。出来上がりが、まじ市販のと区別つかないです。でも、どうなんでしょ、味は区別つかなくても、その栄養素的なものはどうなってるかわかりません。

さて。えっと、先々週、「本にしないカラー作品を出したい」って言ってたんですけど、3月の週末が既に2つ、親戚ネタに決定してしまいました。そして4月からのお仕事準備と。うっは、全然間に合わないじゃん……なぜに先々週は間に合うと思ったんだろう。なので、5月のコミティア用の本に取り掛からないともうダメです。なので、普通に製本モノ出します。カラーじゃないかも……。

今日は、最近というかようやく、「フィードバック」という事を考えるようになってきたってことを書きます。絵の話ね。

たとえば、ネットなどで「あ、カッコいいな」って絵を見たとするでしょ。で、自分、それを真似して描くことはするのよ。描いて、必要があればネットにあげて、でも、そこまでなのよ、あたし。描いて、それが元絵と違うのか同じなのかをあまり気にしない。描いておしまい。

そしてまた次の気になる絵が出てきて……同じことを繰り返します。これよくないんじゃないかと。実際、ずうっと、結果が出てる感じがしないんですもん。今更。

何が足りないかっていうと、そのフィードバックってやつですよ。結果がうまくいったのか。さらに、そのうまくとは「元絵に似たという事」なのか「絵的によくなった」ということなのか。とにかく、自分はそれを全然検証していない。

これ、どういうことかというと、「こういう完成にしたい」という意識が薄いんですよね。だから、完成した絵について考えないし、しっかり見ない。元絵がない場合も、最初に「こういう絵にしたい!」ってところからどれだけ離れたのか、うまくいったのかをしっかり考えない。もともとゴールがよく解ってないからね。これが問題。

で、自分の絵をしっかり見ようキャンペーンなんですが、これをカラーでやると、検証要素が増えてしまいます。なので、モノクロの方がいいかなって。今回のコミティア本も、今までよりもっと「自分はこういう本が欲しい」っていうのをよく考えて。下書き終わったら検証して。そういう本になってるかどうか、しっかり検証して、取り組んでみようと思います。

……最後に蛇足だけど。今更なんですよ。自分が、自分の描いた絵と向き合わないってのは、やっぱ怖いからなのかなぁ。実はね。知人でそういう人がいるのよ。もう10年以上絵が進化してなくて、お世辞にもうまくない。その人、上手くなりたいって割には、だれのアドバイスも聞かないの。描けてない点を指摘されると、その言い方だとか言葉じりをつかんで反論するの。だからもう誰も言わなくなって。

こないだそんなやり取りをみちゃったんです。ああ、こうなりたくないなぁって思って。でも、あれ?自分は自分の絵をしっかり見てるのかなぁ……?ってなってからの、今日の記事となりました。

大事。フィードバック。ちゃんとしていこう。うむ。
今日の絵は結構好き。
踊れー踊れー
190129s.jpg


in10の変更に振り回される日々です。皆様いかがお過ごしでしょうか。
ホームベーカリーに続き、ヨーグルトメーカーに手を出してしまいました。
お家でヨーグルト作り放題です。ヨーグルトメーカーが押し入れに入るまでは。

このブログは、来訪者さまの数も微妙なので、ツイッターで言ったら炎上しそうなことや、この人文章打つとき何も考えてないんだろうなレベルの事も垂れ流し気味です。今日もちょっとそんな風味です。


自分の情報メディアは、もはやテレビよりもツイッターのほうがメインとなっておりまして。らばた工房のアカウントは告知がほとんどで、普段はあまりおりません。……って、あ、これ、なぜかって、前も書きましたけど「作品は好きだけど作り手がキライ」に、ならないように、あまり余計なことは発言しないでおります。ブログはええのんか。

んで、普段いるのは別のアカウントです。こちらの方ではほとんどエロアカウントをフォローしないのですが、お勉強のために、時々、フォローしたりします。で、今回も描き手でRT多めの方を何人かフォローしたんです。

すると、エロい絵がいっぱい流れてきます。落書きという名の渾身の力作、作品の宣伝やら、欲望を具現化した絵。でも大体、似た感じ。このRT多めの人をフォローするのは、すくなくともこの人が「あるライン」より上と判断して流してると思うので、簡易的なフィルターになってもらっております。なので似ちゃうのかもなのですけど。

あ、これ、RTいっぱいすると自分もしてもらえるじゃない。だから、「フォロワーの多い人の絵だけをRTをするんだ」って知人から聞いた時には、もう、なんだかなぁって気になりました。続きます。

で。今こんなのが流行ってるんだーってのはよくわかりますが、自分にとって「スゴイな!」って絵はあんまりないんですよ。いや、自分より皆さん全然上手いんですけど、欲しいかっていったら、お金を出してまではいらないなってヤツです。あるでしょ、そういうの。

自分が興味あるのは「何が、どう描いてあるか」なので、どこかで見た感じの上手っぽいイラスト、ではないんです。絵を描きだした頃はそういうソシャゲのイラストみたいなのを一生懸命追いかけてましたが、もう最近、こんだけ溢れてると、自分はおなか一杯になってしまいました。

描いてある内容が、流行りの塗りとか、目の描き方とか、それを真似しています(てか、メイキングあるからそのままなの)よ、だと、結局描き手の「オレすげーでしょ、それっぽい絵を描けるでしょ」が透けて見えてきちゃって。で、ソシャゲとかの会社も「それっぽい絵が描ければ誰でもいいよ」も見えちゃって。

でも、ツイッターでいっぱいいいねもらうのは、こういう絵だし、実際イベントとかで人気あるのかもしれない。でも、これは自分はやりたい事じゃないので、あまり興味をもてないのかも。

なんというか、誰かが、というか、大きな潮流が用意した舞台みたいなのがあるじゃない。
で、作り手はその上で踊るわけ。それを聴衆が見るの。時には喜んだり、時にはあざけ笑ったり。
この舞台では、これができると拍手がもらえる。だから、その舞台で拍手が欲しい人はそこで踊ればいいし、そこでウケる踊りを覚えればいい。

でも、その舞台での踊りをカッコイイと思わない人がそこで踊ろうとするのは、その舞台に対して不誠実だし上手くいかないと思う。じゃあどうするか。自分で自分の踊りやすい小さな舞台を作って、そこで踊る方法もある。

自分は、踊るのは嫌いじゃないんだけど、流行りのダンスはほかの上手な人がやればいいし、たとえば、拍手をたくさんもらえるから、大衆が喜ぶからって、半裸でバカなことをしながら踊るのも好きじゃない。

うちのお客様には、この小さな舞台で、スゴイなって思ってもらえるように……いや、スゴイって思ってもらわなくてもいいや、楽しんで、この自分の劇場の観客になっててもらえるように。

ツイッターでそんな風に思いました。で、フォローを外したのです。何万もいるフォロワーのうちの1人が消えたところで、どうってことないでしょう。またお勉強の時にフォローさせて頂きます。

また、いつもの何様節でした。
 
中野サンプラザで!!
190122s.jpg



先日の土曜日、プリキュアライブに!行ってきましたよ!!!ステージに向かって絶叫してきましたよ!!歴代OPで絶叫してきましたとも!!!こんな日が来るなんて!!大友がプリキュアーーーー!!!って叫べるなんて!!!という事でただいま頭の中がプリキュアメドレーですが、高石日誌は平常運転で参ります。

今年の予定です。えっとまず、一番近いイベントは(プリキュア除く)コミ1なんですが、こちらは参加を見送ろうと思います。前々回に参加した時、周りの半数近くが参加欠席(ダミー?)というあまりにも酷い有様で。1日浪費するのに値しないと判断しました。なので、らばたの最初のイベントは、5月12日のコミティアの予定です。

そのまえに、1本、カラー本をやりたいです。でね。あまり本の新刊だらけになっても、コミケとかのイベントで机にのらないのね。なので1本はネット需要にウェイトを置く予定です。特に女の子たちに目的もなく、ひたすらモンスターと交わるという、昔やってたスタイルです。やっぱ好きなんですよね。これ。温めていた設定も登場します。

その後はコミティアには新刊(マンガ)の予定で、さらにその後、順調にいけば、夏のコミケとなりもす。とすると、夏コミには新刊が2種+αとなり、無事に机に乗る予定です。

あ、それと、Win10になりました!まだ無償UPデート行けまして。今設定でてんやわんやです。 
お知らせ「アフリエイトリンクを廃止しました」ほか
190116.jpg

昨日の高石日誌にもちょっと書いてますが、ブログ(とHP)の設定をちょっといじりました。

  1. らばた作品へ飛ぶ、DLさんのアフリエイトを廃止しました。
  2. 「貝姦オーブ」から、作品紹介をらばたノート内に移設しました。
  3. ブログ本文の文字(フォント)が少し大きくなりました。
  4. ブログカテゴリのリンクボタンを画像化してわかりやすくしました。
  5. 画像の自動縮小を実装しました(←これは技術的なことだからあんま関係ないかも


なかでもアフリエイトの廃止は重要項目ですよ。これ、自分も入れてる、クロームの「アフリエイトブロッカー」的なプログラムが、強化されたんだと思うんですが、リンクをキャンセルされるようになった模様です。通常のリンクに貼りなおしましたが、過去作については、そのままになっています。どうしても飛べない場合は、各販売サイトの「ラーバタス作品一覧」等からお願いします。

らばたのブログおよびHPは、アフリエイトと言っても、自分のDLさんの作品に飛ばしていただけなので、やめても、見た目などはほとんど変化はないです。でも、アフリエイトで稼いでるという人たちには大打撃かも。人の心配はいい。
まじお絵かきスタンバイ
190115bg.jpg 


まず、簡単なお知らせをしてしまいます。このブログ、すこしいじってまして、以前は大きな画像ははみ出してしまったのですが、今はフレーム(640PX)にあわせて画像を表示する技術を搭載しました。コレは主に、スマホ閲覧などで役に立つ予定です……が、スマホでコレを見てる人が果たしてどれだけおられるのやら。

次に。横の列(カラム)にも、らばたノートのカテゴリーリンクをつけてみました。おしながきと同じですが、メインのもののみ、リンクしてます。CG製作論とか、めったに更新しないのは省いてしまいました。

さらに。らばたからDLsiteさんへのリンクはこれまで「アフリエイト」を使ってきました。アフリエイトと言っても、自分で自分の作品を宣伝しているだけなので、果たしてコレはどうなのか。ですが、クロームのアフリエイトブロック的なスクリプトが機能すると、リンクさせないようになるみたいです。なので、今後はたとえ自作でもアフリエイトは貼らない方向性で行こうと思います。

そして。商品紹介ページをブログ内に設置しております。今後の「ランディングページ」となって行きます。これで、更新は簡単になる……!!はず!!!だといいな!!

さてさておまちかね(待ってねえ)高石近況です。だいたい毎年、1、2月は事務的な事をしてる事が多いのですが、今年はまじで、お絵かきスタンバイに余念がありませんよ。

液タブ環境に合わせて、いろいろな事をグレードアップしております。マズしてる事は、とっちらかったお絵かきツールの整理、からの、ショートカット割り当てです。さらに、補助キーなどを統一して、製作の流れ、ここのときはこのボタンを押す、みたいなものを整理しています。

いえね、アテクシ、そういうの今まであんまり、整理してなかったんですよ。なんか、カタに嵌めるとエロパワーが減る気がして。でも、結局そこに費やす時間が毎回多すぎるとわかりもして。ゴールに向かって、なるべく手数を減らそうと。

つまり、描きたいものが見えてきたんだと思います。謎のパワーがどうとかじゃなく、どうすればこうなる、ってのが少し解ってたのかなーって思ってます。

で。今、またちょっと新しいシリーズを構築しています。相変わらずリクエストの多い、お話が薄いシリーズ。でもね。がっつりお話シリーズもリクエスト多いのよ。。。

どないせえちゅうんじゃ(;゚Д゚)

失礼しました。頑張ります。
新作情報!!「貝姦イミテーションオーブ」

*↑クリックするとDLsite.com販売ページに飛びます


「疑似餌(イミテーション)作戦」を敢行!

■12/27発売開始です! 貝ですよ、貝。大きなシャコ貝的なモンスターです。こんな丸呑みキング的な風貌なのに、あんまり見ないですよね。自分は大好きです。なので描きましたよ!

お話は、ヒロインがある理由のために「オーブ」を探しに行くのですが、この貝がなかなか手ごわく、彼女なりに一生懸命考えた作戦もまんまと破られてしまい、呑まれてしまいます。

今回の見所は、その丸呑み描写的なものもさることながら、モンスターと人との騙しあいがちょっと面白いです。付け焼刃のテクは敵わないんです。騙しなれてる者というのはどうしたって上手(うわて)なんです。真面目な彼女の顛末をお楽しみ下さい。

作品データ

・形式 :PDF版(34P)+jpg画像
・価格: ¥600(税別)

【データ版販売】
 ・DLsite.com / FANZA(旧DMM).com

【製本版について】
 ・初出:2018/12/31「C95(東京ビックサイト)」
 ・製本委託販売:とらさんとメロンさん


作品サンプル


舞台はいつものファンタジーです。




貝に呑まれてしまいます……!!呑まれ内部の描写もあります。




らばたの世界観「射精でアタると、即孕み」も、もちろんします。





本作のお取り扱いは



★販売準備中は、1本前の既刊作品にリンクします。
製本版ページへリンクが切れている(作品一覧に飛ぶ)場合は、売り切れです。

最終更新日:190115

wks_181227_sds.jpg
落とし穴から這い上がれ「線をどうみるか?」
190115_bgita.jpg 

その存在を忘れていた「描画、製作論」カテゴリーです。この画像は、さきほど、プリキュアツイッターのほうで上げておいたもので、リアルな自分と、パラレル空間のカミ絵師の自分の道程の違いを表したものです。

一言で言えば、「線をどう見るか?」ということなのかも。10年以上かかりました。2019年1月11日、液タブCintiq16HDを手に入れまして、記録として残しておくことにしました。(……って、いや、以前も24HDを持っていたのですが、当時はまだ線と面の変換について解っておりませんでしたの)




初春のオヨロコビを申し上げます
190108_bgs.jpg 

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。今年はまぢやる気です。
先ほどワコムより、新たな液タブのアナウンスがありまして、華麗にポチっておきました。
久しぶりの液復帰です。板モードとの併用で行く気でありもす。

HPのリニューアルのほうなのですが、オオカタ終了しております。
このあと、旧らばたのURLは、跡地になって、すべて新URLに飛ぶようになります。
今後はこのらばたノートを積極的にコンテンツとして取り入れていきたいと考えております。
って、前回もそんなこと言ってた気が。します。

今年は、簡単なお話でもいいから、らばたがどうやって出来たとか、
みんなが今どんな世界で暮らしてるのかを、かきたいです。
コレも前回言ってた気がします。

3月いっぱいの仕事がいくつかあって、その後をまだ仕事いれていないんですよ。
ちょっと、らばたのほうやりたいなって。
だから、今年はまじですとも。

あ、それと、DLコメントのほうで「余白が大きい」と入れてくださった方。ありがとうございます。なるほど、デジタル表示だと確かにそう感じるかも。本だと、あのくらいスキマがあったほうが読みやす……いや。それも昭和の話か。タチキリ(画面いっぱいに作画する)中心でいきましょう。そういう時代です。

今後の予定は、4月のコミ1と5月のコミティアを考えております。多分、同じ新刊となると思います。たしか、ビックサイトが利用規制になるので、コミティアは新しいトコですよねたしか。そのアタリがどうなる事やら。なので、次の新刊は、4月半ばぐらいに……って、あ。4月にはプリキュアイベントもあるんだ。

むむむ。となると、どっちが先になるんだ?詳細またお知らせします!(自分でもまだわかんないのよね)