「ラーバタス」および「らばた工房」公式ブログですが、高石の自分ガタリばっかりです。
部誌「FED19」締め切り迫る! 9/20!
おかげさまで、今回の募集枠も埋まってしまいました。通年ほぼ満席状態となっております。席数少ないのもあるとは思うのですけど。これでも年に数人は入れ替わってるんですよ。

でも、これでは、狙ってる方はどうにもならないと思います。このHP毎回見るのも面倒だし。うむむ、何か良い方法はないものか、考えてみます。あ、もし、あらかじめメールなど頂ければ、空きになりそうな時に情報をお伝え出来ますので、どうぞご活用くださいませ。

さて!部誌です!FED19は、9/20が締め切りです!翌週9/27は編集作業の為休講となります。
追い込み頑張って!!
デジタルな、カラーの世界を。

190910s.jpg


コミティアから数週間が経ております。コミティアはホントまじで売れないんですけど(言い方)、買い手さん、それもしかも、ウチの本を好きと言ってくださる方とお話しできるのが、やっぱ最高に楽しいです。売れなくても行っちゃう理由。

そして。昨今の煩雑な作業に追われつつ、やはり、1日に1度以上は思い出す……コミティアで頂いたコメントがあります。

「最近、CG集的なモノやられないですよね?」

これ、複数の方に、異口同音にて頂けました。っていうか、本のイベントなのに、アナタはデジモノがお好きなの……?とか思っちゃうんですけど、この「CG物」というニュアンスが、年1は出してる「フルカラー本」を指していないのもなんとなくわかってしまうのです。

らばたはもともと、マンガのサークルではなく、フルカラー、しかもアニメで最初から当時珍しかった「声入り」という(あれま、考えてみるとすごい事してるな)サークルでデビューしました。

でも、2011年頃より、絵の上達や、オフイベントへの参加などを考え、マンガが多めになっていきます。

でね。うち、マンガでも結局、ナレーションベースでやるじゃない。女の子しか言葉を喋る人がいないから。本来マンガは、ラノベみたいに、セリフだけでポンポン進むのがだいご味なのに。

だから、らばた作品の今のスタイルだと、無理にマンガにする必要ないのよね。CG形式でもいっしょなのよね……どころか多分、CG形式の方があってる。

かと言って、マンガの一番面白いところである「キャラ同士の掛け合い」を描きたくない訳ではないのです。ただ、モンスター喋らせるのは絶対嫌だし、ちむこ役を男にするのも嫌なのです。

「腋姦マーメイド」は、最初、男を出そうとしたんですけど、自分の拒否反応がすごくてやめました。この、ヒロインと会話をするモノを誰にするか、という点で、いつも悩みながらマンガを作っています。

やっぱり、らばたでやりたいのは「世界(モンスター)を紹介する事」。だからマンガでも、ストレートに、ドキュメント番組的なやり方をしていて、これが自分にもあってるんです。だから、これは本来のCG形式に戻して。マンガは、もっと、違うやり方で出来ないかなって考えてます。

こんな話、前もしたような。

でも、数年前にマンガを始めたときより、色々描ける様になってる(と思う)から、今、またCGやったら、それなりに面白いんじゃないかな。って

思うのです。
バズりの心理マーケティング
190903s.jpg

今朝はとっても涼しいですが、内容を急遽変更してお送りしております(つながらない文意)。

昨日、なんでもないツイートがちょっとバズリまして、数分で100RT行ったあたりで通知をミュートしました。先ほど見たら、1.2万とか行ってました。

内容は、以前お店やってた時に来たジャスラックの調査員らしき人の思い出だったのですが、トレンドにジャスラックがまた新たな徴収を始めるという記事が載ってる時だったので、みんなのアンテナが受信したみたいです。

で。バズるツイートとはなんだろう?と。考えてみました。

まず、「代弁者」としてのバズリ。自分がモヤって思ってることをうまく言葉にしてくれた者に対する賞賛というか、同意。

次に「身代わり」としてのバズリ。自分も言いたいことがあるけど、それを言うと注目を集めてしまう、叩かれてしまうかもしれないという時に、似たような意見の人をRT、自分の意見に寄せて解釈し、RTする。合わせてコメントすることも。

他には「こんなバカな奴いるよ!」、「変な事言ってるよ」。などかしら。

では、自分の場合は?RTするときはどんなだろう?
「自分の言いたいことの引き金にするとき」が多いかと思います。「今、こういう風潮ですが、自分はこう思う」と。でも、それは、自分に利があるというか、自分に都合よく働くもののみをRTして言います。そうでないものはスルーです。

他にも「こんなのみつけたよー!」とか、「こんな製品出るよ!」とか。

はい、解りました。すべて、「RTで自分の利益につながるモノ」ですね。つまり、自分は全く興味ないですけど、もしバズらせたいと思うなら、「他人の利益になるモノ、他人が都合よく使えるものを提供すればいい」ということになります。


……ん? いま、「バズりに自分は全く興味ないですけど」って言ったぞあたし……。


つまり、「他人の利益には、自分は全く興味がない」ということなのか?それはよくないぞ。商売とは、他人の利益に対価をもらう事だ。

それで。1万RTを超えたあたりからいわゆる「クソリプ」が付くんですけど、これも結局「多くの人がRTしてるものに対し、自分の優位性を主張」することなので、その人の利益の為にやっています。クソリプとは、誰かに対する攻撃ではないのです。

他者を不快にするであろうということも見えないほど、自分の利益に飢えている訳なんです。全ては「自分の利益を得る為に」やっている行為。ということは、自分に利益をもたらせてくれる人を、好きになるし、信じるようになる。

幸い、アタクシは、他者に利益を与える事を、損だとは思わないタイプでありんす。お金は無理だけど(無いからね)、こと創作において、他者が喜ぶ物を作るというのは全く苦痛じゃない。


まとめマス。

・人が「飢えているもの」は、自己認証といったらシンボリックになってしまうけど、ココロの隙間を埋めてくれる何か(=その人本人の利益)だと思う。

・その「隙間を埋めるもの」は、直接的なモノだとあけすけだし、物語の姿をしていると良いと思う、

・「他者の利益に敏感であれ」

なるほど、とても良い学びを得ることが出来ました。
夏のコミティア終わりましたー!
190828s.jpg

青海棟はホント涼しくて快適で。内容もほとんどコミケと同じなので、ブログでも特におしながきなどの告知をしませんでしたが、多くの方に来て頂けました。ありがとうございました。でもコミティアなので、ヒマです。14:30頃には撤収してしまいました。夏のイベントがコレで終わりました。

でも、ヒマなコミティアは、とにかく読者様とお話できるのが嬉しいのです。今回も色々な方とお話しできて良かったです。で。結構皆さん、古参の方が多く……!!!自分でも忘れてるうちのネタをポンポン繰り出してくるので、いやはや、おみそれいたしました。恥ずかしいやら嬉しいやらで、とても楽しい時間でしたよーーー!!

さて。次なんですけど、予定では9月末作品なんですが、次はカラーやりたいので、ちょっと時間かかるかもです。10月末にリリースになるかなー 丸呑み的な奴です。今回も「もう丸呑み描かれないんですか?」的なご質問頂きましたが、去年の冬の貝は丸呑みみたいなものなのでお許しください。

ウチは丸呑みサークルというより、モンスターサークル(なんじゃそれは)なので、丸呑みもおっぱい好きも彼らの性癖の一環というか、モンスターを描くことによって出てくるものという位置づけです。まぁ、たしかに、それなりのウエイトを占めていますけど。

あ!!そう!!シンテック22!液タブがちょっと大きくなりました!
絵が上手くなるかも!!
そうね絵は機材で描くわけじゃないね!?

この流れ!!昔やった気がする!!
デジと、製本の経費考察
190820s.jpg

暑い中にも、少し秋風を感じる今日この頃です。高石です。新刊たくさん買ってくださってありがとうございます。DLさんでは、久しぶりに王冠ももらえました。( ゚∀゚)ノ
いっとき銀行の残高が3000円未満になってたので、少し助かりました(まじか)。もう塩パスタは嫌なの……!!!

んで。その、お金のお話。あまり創作でお金のお話をするのはどうかと思うのですが、らばたはお金の為にやってる活動です。今日はこのあたりのお話も含めて、ちゃんと書きのこそうと思います。つまんないかな。でも書く。

では、新刊で売れてる方の「乳首蟲」の収益について記録します。現在のおおよそのDLさんFANZAさん合計の販売本数は、1000本ぐらいです。対して、製本版の方は、とらさんメロンさんで400冊ぐらい。

もともとデジ出身なので、趣向などもデジナイズどされておりますゆえ、このあたりはそういう数字かなと思います。製本版の方はもっときれいな絵が売れる気がします。

さて、利益率です。デジは、600円で売ると、324円の利益になります。業者さんとほぼ折半。宣伝してもらってますからね。こんなもんではないかしらと思います。

対して、製本は、600円売りの場合、業者に180円納めますから、420円の利益です。
利益率そのものは、本の方が良いんです。

ただ、製本は経費をみてみると、面白いです。「コミケで出した分の残りを委託する」パターンとして……

1:およそ、「製本原価」を、1冊200円とします。
2:「送料」が、印刷所から会場にいくのに、3000円。およそ1冊につき20円負担とします。
3:「イベントへの申し込み料」が1万円、500冊持ち込んだとして、こちらも1冊につき20円のっかります。
4:同じように、委託業者への「搬入の運賃」などを1冊につき、10円負担してもらいます。

このあと、買い手の方から見たら発送料がかかりますが、そこも入れるとややこしくなるので、今回は割愛。

とすると、製本版の経費は200+20+20+10で、250円。これは、大量製本のリスクを負った上の数字で、在庫が怖いので冊数を絞れば、製本原価はもっと上がります。

で、販売価格の600円から、まずこの制作経費を引いて450円。
さらに委託業者のロイヤリティを180円引くと、利益は270円となります。

つまり、「通販業者さんで600円の本が1冊売れると、サークルには270円の利益が出ます」

例にすると、「1日8時間、×20日で制作したとして、400冊売れました」と。時給換算だと670円です。160時間制作(これは同人一人制作で、それなりに速い方だと思います)で、今話題の最低賃金の1000円にするには、600冊売らないといけません。

結論です。

「とらのあなで600冊売れる本を作れれば、最低賃金に乗ります」

ということになります。

600という数字がどういうものなのか。サークルが1000あったら、600に載せられるサークルは、おそらく100サークル未満じゃないかなぁと思います。しかもこれで最低賃金。技術職でもなんでもないです。

つまり、「製本だけなら」自分は、週5フルタイムでコンビニバイトしてるよりもお金を得られていないことになります。そりゃ貯金もなくなります。

でも、今回、食いつなげたのはDL販売で皆さん買って頂けたからです。DL販売の計算だと160時間制作なら時給2000円ぐらいにはなります。

もちろん、これは今回ぐらい「売れる」事が大前提で、多くの場合爆死しますので、全体で見れば実質この30%程度だと思います。結局時給700円。


わかりますでしょうか。ウチは、DL販売のおかげで、製本できてる、状態です。


これ、制作の方として、「製本に合わせて、DLを出す」やり方はいかんのじゃないかなと思います。「DLの為に作って、そのオマケで製本を出す」が正解のような気がします。

でも、製本版には、スーパーメリットがあります。それは「型が決まっている」ということで。製本版の漫画が動かなくても、誰も文句言わない。でも、CGはゲームになってたり声がついてたり。絵を描く以外の作業がすごく多いんです。

このあたりです。「漫画のDL版」だから、文句言われない。でも、デジタル用に作って、何にもギミックが無いのは、どーなのかなって思います。それに、上記の「数字」は動かしがたい事実。

なので、次は、「DL版の利用者の方に、多めにスタンスを取って作ってみよう」と考えています。

以上でした!

コミケ前ですよーーー!
190619s.jpg


なかなかどうして、やることが終わりません(T△T) 時間がない時はこちらでは禁じているプリ絵です。出してんだから禁じてないじゃん

本は何とか間に合ったので一安心ではありますが、今回は初の試みが多いです。
というか、初の試みは毎回何かしてるので、結局余裕しゃくしゃくで行ける事なんかないのです。

その初の試みというものは何かの前に、何故毎回初の試みをするかということなんですが……あれ、そこはどうでもいい?なんかカッコいい事言おうとしてるんですけど、ああそうですかいらないですか、そうかなと思いました。挑戦し続けるとですね、ああ、すみません次行きます。

初の試みそのいち!!背面ポスターが布ポスターになります。いつもの紙だと、後ろを人が通るときに、いろんな方向向いちゃうんですよね。しかもガビガビに破れたりしちゃうし、なんせ折れないから持ち込みも大変。なので布!ただこれ、思ったよりしわが寄るので、絵柄が見えにくくなる可能性あり。そのあたりの対策を講じておりました。上手くいくかしら

その2!机の展示方法を完全に二段階にします。専用の台を、業者さんにカットしてもらって作ってみました。ただの台に2万以上かけています。その価値があると信じています。

その3!色紙の展示方法も、専用の台を作成しています。こちらは二けた万円かけてます。もうバカでしょ。でもこれは販売に回すので(健全グッズサイトの方ね)良いんです。でも完売しても赤字なのでダメです。あほかー

で。その色紙。まだ描いてません。明日のお仕事がちょっと早めに終わるからがんばる!

あーーー!!そう、BOOTHさん!たくさんさん買ってくださってありがとうございますーーー!!100円安くても、利益率は圧倒的にBOOTHさんの方が良いので助かります。こりゃDLさん、FANZAさん、かなり減るだろうな……!!委託も明日発売です!ご利用しやすい方でどうぞー!
DLさんのおもいで
190716s.jpg

ラーバタス、令和初の新作を登録してまいりました。7/19(金)DL開始予定です。よろしくお願いいたします。

でも。実はBOOTHでは既に販売しております。既刊同人誌に加えて、ダウンロード販売も始めました。今日はそのことについて書きます。本来数行で終わることをつらつら書きます。

BOOTHは、数年前にもやってたのですが、DL販売はやりませんでした。ダウンロード業者が闊歩する昨今の現在も、DL販売をやっているのは、DL.siteさんとFANZA(旧DMM)さんのみ。いろんな業者さんが、ウチで販売してみませんかとコピペDMをくださるのですが、ラーバタスは、DLさんには特別な想いを持っています。持っていました。

DLさんの黎明期。新作登録が日に5件とかだったころ。ワタクシ高石は、電子書籍なんてカケラもなかった当時、DL販売という形態を貫くことに、とてもカンメイを受けたのでした。だってこれ、「データが商品だと言い張る」事をクリアしてしまえば「雑誌社や編集者を通さないで、作品を発表できる」カクメイですよ。すごいことやってるなって思いましたもん。応援するっしょ。

それと好印象だったのが。当時はすべて登録とかが手作業だったみたいで、ミスあれば即お詫びのメールがよく来てました。さらに、こちらの質問には先回りして応えて頂くような、手厚い対応でした。

とにかく、サークルに対しての姿勢が真摯すぎるほどで、こちらも応えなきゃ!って思ってましたし、なんと、らばたの世界観の相談までのって下さったこともあるんです。ちょっとしたマネージャーさんみたいに思ってました。

DLさん以外で、一切DL販売をやらなかったのは、DLさんの応援に他なりません。まあ、うちなんかがやっても大した応援にはならないんですけど。DMMさんでやったのは、エロビデオをよく買ってたことと担当がめっちゃ可愛かっ(全くお前は

DLさん。現在は大きくなって、登録者もめっちゃ増えて。DL同人が文化になって。あの頃、当時のDL.site青木社長の読みは、見事的中したという訳です。ラーバタスもその端っこにのっかって、何とかこれまでやって来れているわけです。最強王者です。

なので。もう、弱小サイトの応援は不要なのです。もともと不要だったとか言うなーー!

令和、今後は、大組織商売ではなく、個人が売る時代になっていくと思います。こちらも生き残りをかけて、何処まで作品を発表し続けられるか。その技をつちかわねばなりません。BOOTHはそのうちの一つです。生き残る確率を増やして、なんとかしぶとく描き続けてやろうと思います。

で。夏コミ!新刊もう一種、間に合う予定!あくまで予定!









もうちょっとでっす!
190710ss.jpg

新刊の方、あと一息です。来週の日誌には、詳細出る予定です。
DL販売が先行して、本の予約→コミケ→通販開始、という流れです。今回は、BOOTHによるDL販売及び、通販も行う予定です。手が回るかな……(*_*)

さてさて、もっか「2か月に1本」という出版サイクルを作っての執筆活動ですが、これがなかなか良いです。焦らないので、しっかり描き上げられます。今月は、システム造りも並行してる割りにきちんとこなせてるので、自分に合ってるかもしれません。

ああ、そうだ、話は飛びますが(マジで飛びます)、昨日、こんな記事を読みました。膝を打ちましたよ。バコン。ココイチさんの記事です。

https://toyokeizai.net/articles/-/289514

要約すると、「ココイチの独立した店長は、親会社にフランチャイズロイヤリティを支払わなくていい。何故か?仕入れを親会社からさせるから」という、最初は「え?」と思いつつ、答えはすごくシンプルなモノでした。

あたしがカレーややりたいという訳ではなく。カンドーした点は「カレーを売る」という事から軸足がズレていない点です。もし、自分がココイチ社長で、多店舗FC経営にしていこう、って思ったとき「FC運営方法を学ぶ」と思うんです。どうやってロイヤリティを取るか。どうやって効率化するか。そこを重点的に学ぶと思います。

でも、それだったらカレーでなくてもいいわけです。「FCをやる」という軸足になってる。ここでズレる。そして、謎の専門家から「ソレじゃだめですよ。FCというモノは……」とゴシドウを受けて、どんどんカレーを売ることから離れていく。

はい、らばたに置き換えます。自分がしたいのは、自分の頭の中にあるヘンタイっぷりをお見せしたい。具体的には、みなさんを、らばたの世界に案内したい。いろんなところに連れて行きたい。そして、自分はその対価を得ます。どんな同人誌だって良いわけじゃなくって、自分の脳内の具現化です。

謎の専門家が「それはダメですよ、同人誌というモノはもっと流行を取り入れて……」と言ってきたとき、軸足がズレないように。目の前にぶら下がってるニンジンを、撮り間違えないように。

新刊情報を今しばらく!どうぞお楽しみにしてくださいませ!








就職することにしました。らばた工房に。
190702s.jpg

30%OFFの30日入稿は案の定、まにあいませんでした。3000ペリカ獲得です。今週は、先週分の遅れを取り戻すべく一生懸命やってましたよ!でも、間に合いませんでした。描くの遅くなったのかな……否。丁寧になったのです。

わたしきめました。就職します。聞いて。

えっと。自分は一つの業務に集中しちゃうタイプで。特に同人誌は、やり始めると朝から晩までずっと本のこと、というか、この世界のことを考えています。だからほかの業務が出来なくなります。

でも、今は複数の業務が並行していて、それだとダメです。だから、同人誌を作らない期間を設ける事で、没頭しないようにしてきました。

このスタイルは、エンジンがかかるまでに、毎回時間を要します。良くない。なので、会社のように、定期的に締め切りを設けて常に作り続ける事にしました。O月O日にはここまで行っていないと遅れてる、みたいな。

なので、本紙は7月末までに上がればいい計算になるんですが、コミケにはもう一冊描きたいので頑張ります。ペン入れ半分おわりましたとも!

ヒロインの子、南沢さんって言うんですけど、可愛いのよ……めっちゃ可愛いのよ(*´ω`*)





みわくのマーメイドと神戸のお式
190625s.jpg

先週更新してなかったなんて!大変失礼しました(もはや誰に詫びを入れてるのか) 言い訳行きまーす。日曜、おとといですね、知人のウェーディングパーチーに呼ばれておりまして、神戸までバビューンと行ってまいりました。

先に挙式のお話します。要らない?書くもん。若い方のパーチーに何故か呼ばれてしまい、行ってきたのですが、「カジュアルトラップ」が敷かれていて。平服でお越しください、ってやつです。自分も若ければかなり崩しても乗り切れるのですが、いい歳なのでフォーマル寄りで行くしかないなと。

まず、靴が。外羽根(←あんまりフォーマル度が高くない)しかない。大丈夫だろうけど、オジサンとしては見苦しいし、逆にココ押さえとけば……と、買う。もうリーガルって訳にもいかないし。5万消える。

ビジネス感薄いネクタイが無い。シルクが無い。チーフが黄ばんでる。買う。2万消える。シャツその他、体形が変わってるようで。合わない。買う。スーツケース死んでる。もうなんなんだよ。合計10万上飛びました。

実際の式は、同窓会かってくらいのカジュアルで、フォーマルとは程遠い感じでした。自分は親族だと思われたと思います。でも、それでいいの。祝ってやりたかったので。先週はその準備で焦りまくってて、更新を忘れたという言い訳です。

はい、6月上旬に出すと言っていた新刊はもう月末。30日の入稿を目指しております。そういうものです。ネーム全直ししたおかげで、内容はかなり気に入るものとなりました。獣人と、その獣人の少年という、自分よくやる例のパターンです。しょうがないじゃん。好きなんだもん。お姉さんに憧れる少年描きたいんだもん。

さーもーひとがんばりだー 30日入稿に間に合わないに3000ペリカ!強気!!