「ラーバタス」および「らばた工房」公式ブログですが、高石の自分ガタリばっかりです。
DLさんのおもいで
190716s.jpg

ラーバタス、令和初の新作を登録してまいりました。7/19(金)DL開始予定です。よろしくお願いいたします。

でも。実はBOOTHでは既に販売しております。既刊同人誌に加えて、ダウンロード販売も始めました。今日はそのことについて書きます。本来数行で終わることをつらつら書きます。

BOOTHは、数年前にもやってたのですが、DL販売はやりませんでした。ダウンロード業者が闊歩する昨今の現在も、DL販売をやっているのは、DL.siteさんとFANZA(旧DMM)さんのみ。いろんな業者さんが、ウチで販売してみませんかとコピペDMをくださるのですが、ラーバタスは、DLさんには特別な想いを持っています。持っていました。

DLさんの黎明期。新作登録が日に5件とかだったころ。ワタクシ高石は、電子書籍なんてカケラもなかった当時、DL販売という形態を貫くことに、とてもカンメイを受けたのでした。だってこれ、「データが商品だと言い張る」事をクリアしてしまえば「雑誌社や編集者を通さないで、作品を発表できる」カクメイですよ。すごいことやってるなって思いましたもん。応援するっしょ。

それと好印象だったのが。当時はすべて登録とかが手作業だったみたいで、ミスあれば即お詫びのメールがよく来てました。さらに、こちらの質問には先回りして応えて頂くような、手厚い対応でした。

とにかく、サークルに対しての姿勢が真摯すぎるほどで、こちらも応えなきゃ!って思ってましたし、なんと、らばたの世界観の相談までのって下さったこともあるんです。ちょっとしたマネージャーさんみたいに思ってました。

DLさん以外で、一切DL販売をやらなかったのは、DLさんの応援に他なりません。まあ、うちなんかがやっても大した応援にはならないんですけど。DMMさんでやったのは、エロビデオをよく買ってたことと担当がめっちゃ可愛かっ(全くお前は

DLさん。現在は大きくなって、登録者もめっちゃ増えて。DL同人が文化になって。あの頃、当時のDL.site青木社長の読みは、見事的中したという訳です。ラーバタスもその端っこにのっかって、何とかこれまでやって来れているわけです。最強王者です。

なので。もう、弱小サイトの応援は不要なのです。もともと不要だったとか言うなーー!

令和、今後は、大組織商売ではなく、個人が売る時代になっていくと思います。こちらも生き残りをかけて、何処まで作品を発表し続けられるか。その技をつちかわねばなりません。BOOTHはそのうちの一つです。生き残る確率を増やして、なんとかしぶとく描き続けてやろうと思います。

で。夏コミ!新刊もう一種、間に合う予定!あくまで予定!









もうちょっとでっす!
190710ss.jpg

新刊の方、あと一息です。来週の日誌には、詳細出る予定です。
DL販売が先行して、本の予約→コミケ→通販開始、という流れです。今回は、BOOTHによるDL販売及び、通販も行う予定です。手が回るかな……(*_*)

さてさて、もっか「2か月に1本」という出版サイクルを作っての執筆活動ですが、これがなかなか良いです。焦らないので、しっかり描き上げられます。今月は、システム造りも並行してる割りにきちんとこなせてるので、自分に合ってるかもしれません。

ああ、そうだ、話は飛びますが(マジで飛びます)、昨日、こんな記事を読みました。膝を打ちましたよ。バコン。ココイチさんの記事です。

https://toyokeizai.net/articles/-/289514

要約すると、「ココイチの独立した店長は、親会社にフランチャイズロイヤリティを支払わなくていい。何故か?仕入れを親会社からさせるから」という、最初は「え?」と思いつつ、答えはすごくシンプルなモノでした。

あたしがカレーややりたいという訳ではなく。カンドーした点は「カレーを売る」という事から軸足がズレていない点です。もし、自分がココイチ社長で、多店舗FC経営にしていこう、って思ったとき「FC運営方法を学ぶ」と思うんです。どうやってロイヤリティを取るか。どうやって効率化するか。そこを重点的に学ぶと思います。

でも、それだったらカレーでなくてもいいわけです。「FCをやる」という軸足になってる。ここでズレる。そして、謎の専門家から「ソレじゃだめですよ。FCというモノは……」とゴシドウを受けて、どんどんカレーを売ることから離れていく。

はい、らばたに置き換えます。自分がしたいのは、自分の頭の中にあるヘンタイっぷりをお見せしたい。具体的には、みなさんを、らばたの世界に案内したい。いろんなところに連れて行きたい。そして、自分はその対価を得ます。どんな同人誌だって良いわけじゃなくって、自分の脳内の具現化です。

謎の専門家が「それはダメですよ、同人誌というモノはもっと流行を取り入れて……」と言ってきたとき、軸足がズレないように。目の前にぶら下がってるニンジンを、撮り間違えないように。

新刊情報を今しばらく!どうぞお楽しみにしてくださいませ!








就職することにしました。らばた工房に。
190702s.jpg

30%OFFの30日入稿は案の定、まにあいませんでした。3000ペリカ獲得です。今週は、先週分の遅れを取り戻すべく一生懸命やってましたよ!でも、間に合いませんでした。描くの遅くなったのかな……否。丁寧になったのです。

わたしきめました。就職します。聞いて。

えっと。自分は一つの業務に集中しちゃうタイプで。特に同人誌は、やり始めると朝から晩までずっと本のこと、というか、この世界のことを考えています。だからほかの業務が出来なくなります。

でも、今は複数の業務が並行していて、それだとダメです。だから、同人誌を作らない期間を設ける事で、没頭しないようにしてきました。

このスタイルは、エンジンがかかるまでに、毎回時間を要します。良くない。なので、会社のように、定期的に締め切りを設けて常に作り続ける事にしました。O月O日にはここまで行っていないと遅れてる、みたいな。

なので、本紙は7月末までに上がればいい計算になるんですが、コミケにはもう一冊描きたいので頑張ります。ペン入れ半分おわりましたとも!

ヒロインの子、南沢さんって言うんですけど、可愛いのよ……めっちゃ可愛いのよ(*´ω`*)





みわくのマーメイドと神戸のお式
190625s.jpg

先週更新してなかったなんて!大変失礼しました(もはや誰に詫びを入れてるのか) 言い訳行きまーす。日曜、おとといですね、知人のウェーディングパーチーに呼ばれておりまして、神戸までバビューンと行ってまいりました。

先に挙式のお話します。要らない?書くもん。若い方のパーチーに何故か呼ばれてしまい、行ってきたのですが、「カジュアルトラップ」が敷かれていて。平服でお越しください、ってやつです。自分も若ければかなり崩しても乗り切れるのですが、いい歳なのでフォーマル寄りで行くしかないなと。

まず、靴が。外羽根(←あんまりフォーマル度が高くない)しかない。大丈夫だろうけど、オジサンとしては見苦しいし、逆にココ押さえとけば……と、買う。もうリーガルって訳にもいかないし。5万消える。

ビジネス感薄いネクタイが無い。シルクが無い。チーフが黄ばんでる。買う。2万消える。シャツその他、体形が変わってるようで。合わない。買う。スーツケース死んでる。もうなんなんだよ。合計10万上飛びました。

実際の式は、同窓会かってくらいのカジュアルで、フォーマルとは程遠い感じでした。自分は親族だと思われたと思います。でも、それでいいの。祝ってやりたかったので。先週はその準備で焦りまくってて、更新を忘れたという言い訳です。

はい、6月上旬に出すと言っていた新刊はもう月末。30日の入稿を目指しております。そういうものです。ネーム全直ししたおかげで、内容はかなり気に入るものとなりました。獣人と、その獣人の少年という、自分よくやる例のパターンです。しょうがないじゃん。好きなんだもん。お姉さんに憧れる少年描きたいんだもん。

さーもーひとがんばりだー 30日入稿に間に合わないに3000ペリカ!強気!!








たかいしおじさん
190612ss.jpg


おかげさまで、BOOTHさん、ちょこちょこ出ております。ありがたいことです<(_ _)>。古いのが中心ですけど、もうあそこにある古い種類は手に入らないので、マニア―なかたはぜひこの機会に。


さてさて、今週のサザエさんなんですが、ちがくて、今週の高石なんですが、なんか色々やってました。他の仕事の事をここに書くのはどうかと思うのでざっくりとしか書かない(皆さんだって会社の何がどうとか書かないでしょ……あ。書く人いるか……)ですけど、朝起きると新しい仕事が湧いてきているような状態でした。

只今サマータイムなので、朝早いんです。5時には起きて、6時にはお仕事始めてますもん。らばたモノ含め。で、その分夜も早いので。夜9時ぐらいに来たメールは目を通すの全部翌朝になるんですよね。

加えて、あいぽんのSiriちゃんが、朝7時までの通知を全部カットしてくれる。開通とともになかなかヘビーな仕事が圧縮して襲い掛かってくるという事です。あ、でね、今週の高石ですけど、「お部屋を毎週、決まった時間に借りれる」サービスがあって、その手続きで奔走していました。コレだとなんと!リアルお教室が出来ちゃうの!……って、やんないけど。

えっと、いい年なので、カラダを動かさないと、動かなくなっちゃうんです。でね。30代の時から続けている、ああ、あたし28歳なんですけどおかしいですねお話続けます、中国武術(OO拳とか。有名なのは太極拳ね)が、これまではただ好きでやってただけなんですけど。9月に大きな大会に出る事になって。

いや、一応今までも大会出てたんですけど、出る事に意義があるみたいなものだったのです。でも、今の自分なら、上を狙えそうな気がするんです。なんか、カラダのコントロールが解ってきて……ここに来るまで10年以上かかってますけど……その秘密特訓部屋を借りたんです。公園で練習してると、子供が戦いを挑んでくるか、もしくは知らないお祖母ちゃんに孫の話されるので、どうしても集中できないんですよね。

そのお部屋の内覧や、手続きなどがいろいろあって、東京を来るグル回っておりました。他にも色々……あ、そう、なんで「中国武術」って、もやっと書くかなんだけど。

武術の名称は、太極拳の他にも八卦掌(くるくる回る)、形意拳(動物を模した型もあるの)、螳螂拳(カマキリ拳法ね)、心意拳とか、あと、剣をつかったり刀、扇をつかったりと色々あって、ちょびっとづつかじってる(重複させる事で理解が深まることが多いのよ)ってのもあるんだけど、なんか「OO拳やってます」ってドヤァって名前出すの、自分嫌なんですよ。肩書で話してるみたいで。自分を大きく見せたい人みたいじゃない?自分は好きじゃないんです。

自分がどんな人間かは、この文章読んで下されば解るわけで、あたしは、所属や、肩書なんかは一切要らんのです。あたしはあたし。まさに中島みゆき(なんやそれ)。大会で優勝したら、そっちのHPには経歴載せますけど、もう、めっちゃ小さく。自分を知るきっかけになってくれれば程度なんです。

高石は、高石なのです。触手と爆乳を描いてるのが好きな、ヘンタイおじさん。
それが一番気に入ってるんです。

でも新刊が進まない言い訳を書かないと行けなくて今日はプライべーつを切り売りしましたの(;゚Д゚)

かと言って。
190605s.jpg

「壁打ちブログ」化宣言をしてみたものの、「誰かが見るかもしれない場所へ絵を描く」欲求みたいなものは、そう簡単に枯れない訳で。なので、いつも通りの平常運転で。つらつらと日々の事を記していこうと思います。でも、かなり、プライベートな内容も含んじゃう予定です。これもいつも通りか。

毎年5月と9月は、激変がありますマイライフ。結局、過ごしやすい時期に色々やるんだと思います。もっか、我が家はサマータイム制を導入し、起床は5時、就寝22時です。朝現場の時は、空いた電車で移動、現場近くで仕事をしますIpad!これがとにかく、仕事効率が上がって、たくさんできる。

自分はらばたの他にも、色々な業務(?)をしています。結局、リスク分散ってことなのかな。多分、一つを突き抜ければ、お金にはなりやすいと思うのですけど、今の時代、たとえば誤爆ツイとかで、必死に積み上げた一本鎗が、それが一瞬で崩れることは想像つきますもん。なるべく、バッサリがけっぷちにならないようにはしたいという、防衛本能です。

そうやっていろいろな事に手を出すと、当然、時間がない訳で。新刊の製本化が一向に進んでおりません。6月初旬とかいっていたのも、まだ出す出す詐欺になりそうです。でも、ここで発表したものだから、ここが見られていないとなれば、発表してないと同じことだからいいじゃん。全然良くないわ。

今日、挿絵がモノクロですが、自分は自分の絵がすごく好きなんです。このモノクロのこの子でも、描いてて、見てて、ちょっとドキドキします。もっと描きたいです。この子をもっとああしてこうしてうっひょうーーー!ってしたいんです。

でも、もっとトーン貼って、よくあるマンガっぽい演出入れてって考えただけで、面倒臭さが勝ってしまいます。だって、作品ってそうしないといけないんでしょ? トーン貼って気持ちよくなるならやるけど、貼らなきゃいけないから貼ってるなら、自分はきっと、好きな事をやろうとしていないです。

……お気づき?これがあたくしの「視野の狭さ」です。目の前のモノしか見えていない。

作品造りに「自分が楽しいか否か、出来るか否か」しか考えていないでしょ?クリエイターってのは、コレだと先が無いんです。おお、あたしクリエイターだったのか。テレビとかで「自分が好きな事やってるだけ」っていう人、アレ、好きな事が「目の前の事」だけじゃないんです。

はい。好きなのは「誰かに届ける事」です。こないだコミティアで賜(たまわ)った、あの「すっごい良かったです……!!」っていう、読み手サマの顔だったり、興奮気味のオーラみたいなものです。あれは、だいたいの面倒くささに勝てる力を持っているんです。

もう少し、顔を上げて。近くばっかり見てると目が悪くなる。
視野を遠くに。誰かに届ける事。

忘れちゃダメ。















祝。壁打ちブログ化。
このブログは、見てる人がほとんどいないとお思いでしょう?ええ。そうなんです。先ほど、きちんと解析したところ、まじでおられませんでした(;゚Д゚) 見事な壁打ちブログの完成です。

でも、もともと、誰かに見せる為じゃないから、それはそれでよいのですけど。

HPの更新記録としては機能してるし、折角、このスペースをとってるのだから、自分の為に書き記していこう。ツイッターだと流れちゃうからね。

文章の練習にもなるし。
コミティアの「位置づけ」
190509.jpg

新刊はこんな感じなんですが、コピー本です。多分10部ちょっとしか作らないと思います。お金の為に描いてる、仕事のつもりでやってますとか言ってるくせ、10部のコピー本売りに行くんですよ?もう出なくて良いじゃんっぐらいの勢いです。

でも、なんで出るのか? 申し込みをしてしまったから……ではなく。その申し込みをした時点で、出る理由があったからです。その理由(当時)は、まごうことなく新刊発表です。

ただ、昨年後半からちょっと余計な仕事に手を出してしまい、製作時間が圧縮されつつありまして。あんまり納得のいくものが出来てないんですよ。でも、イベントを設定すれば、締め切りが決まるのでとりあえず形にはする。で。反省して、もっとこう出来たはずだって落ち込む。

自分は1本作るのに、おおよそ2か月掛かってました。もちろん、原稿だけ毎日やってればもっと短縮できると思いますけど、あんまり詰めると精神がぶっ壊れて社会生活に支障をきたす(これマジなんですよ)うえに、次作へ行くパワーを使い切ってしまうんです。なので、2か月。

で、今、それがどうやら、3か月まではいかないまでも、ちょっと伸びてる感じです。書き込みが増えたってのもあるかもですけど、なるほど、ここの延長部分が強い圧縮を食らってるんだと。

なので、コミティアを「新刊おひろめ」というより「コミケは混むから嫌という方に既刊をお渡しできる場所」という位置づけで考えてみました。なので、コミティア新刊は、1個前のコミケの新刊になります。

でも今回、こないだのコミケ分は完売しちゃってるんです。ずみまぜん。だから、新刊はないんです。次回からは、コミティア分もあらかじめよけておきます。

それと。今回やってる「コピー本」なんですが、ちょっとおもしろいです。紙質とか自由に変えられるのがイイです。これ、今後もやっていこうかしら。コミティア用に。

いちおう、前日までにおしながいておきます!











 
平成最後の日は体の休息日に。
190430s.jpg
ごきげんよう皆様。まず、新刊についてです。ただいま製作中で、下書きをしています。多分、連休使えば間に合いますが、コミティアって、30部売れないんです。すみませんこういう話で。

部数がすべてという訳じゃないですが、結局大量に刷っても売れないことが解っている、その後当選するかどうか解らないコミケ在庫を保管しなくてはいけない、がっつりお金は取られるだと、これ、リスクしかないコミティアに間に合わせる意味あるのかというところにたどり着いてしまいました。

趣味だったらリスクで判断するのもどうかと思いますが、らばたはほとんどお仕事状態なので、ここで運転資金を枯渇させる訳にはいかんのです。かといって、新刊ナシでは、その買ってくださるかもしれない30名の方に申し訳ない。なので、コミティアは高石初のコピー本を予定しています。このコピー本は、後日、印刷時にも同時収録できればと思っています。

……あ。そうだ。「お仕事」とは。最近思うことがあります。ビジネスセミナー大好きな若者にありがちのセリフ「この会社で自分のスキルを伸ばせるかどうか」。これ、悲しいほどにはき違えたセリフじゃないですかね。自分のスキルを伸ばすのは学校です。もしくは趣味でやってくれと。仕事というのは他者貢献です。まず、他者を喜ばせたり、役に立てたり出来るか。それが仕事。スキルアップはオマケ。自分のスキルアップありきで、なんでお金もらうんじゃ。

だから、「らばたはお仕事」って、そういう意味なんです。読み手が喜んでもらうことが重要。自分のスキルアップ、そういう気概は好きですけど、それが最初に来ちゃったらおかしくなっていく。「同人だから」という免罪符は、あんまり好きじゃないです。令和はこのあたり、ハッキリ行きたいと思います。らばたは、読み手が喜んでくれること。それで対価を頂きます。FANTIAやFANBOX(ただ、作家にお金をあげるシステム)は、あの手が流行るという事は自分がしてることの否定ですからね。アタクシのお仕事流儀に合わないので無視です。むっしっし

で。平成最後の日です。らばたの創作の源は、我が体です。とりあえず、これがあれば、お話を考えられて、創作を続けられるわけで。らばたは2003年から始まりましたが、平成を走り続けてくれてありがとうの意味を込めまして、本日は我が体の休息日としています。今日1日、お茶とヴィダイン1つのみの断食です。ごはん抜くと、雑に積み上げられていた体の中が、整理されていく感じがすごくあるんです。工場が広くなっていくような。普段食べ過ぎなんだろうなー。

しかし断食、何にもやる気でないですw
明日、令和から。しっかり食べて。再スタートです。
今後も頼むぜ我が身体ーーー!


プリのほうのツイッター、もういいかなぁ……?
190423s.jpg 

プリキュアものもようやくおわり、コミティアまでの短距離走です。がんばるじょー。

でね。ココの人たちにはほとんど関係ない事なんですけど。ごめんねまき散らして。でね。

レイフレ(プリの同人誌即売会)って、終わると必ず、「オレはこんなことされた―!」「アタシはこんな嫌な思いをしたー!」ってツイートが出てくるのね。どこまで誇張か解らないもの。ご丁寧に白ハゲマンガまで作って。いや、白ハゲならまだしも、プリキュアたちを登場させて、描き手の気持ち悪いエゴを言わせたりするですよ。そういう人はもちろんフォローしてないけど、だれかのリツイートで目に入っちゃうのよね。

で。最後には「これを描いた理由は皆さんが嫌な思いをしない為に注意喚起」とか「マナーを守りましょうという掲示です」とか。自分のゲロ吐きまくって、周りにゲロ処理させて。ダメ押しにあなたは間違ってない待ちして。どんだけ過保護に育ってきたんじゃ。自分はこういうのすっごい苦手で、本当に気持ち悪いなぁと思うのです。

あ、そうだ、もう、ついでにもう一つごめんね。「薄っぺらい感想のやり取り」も苦手です。あらすじをなぞったような、本を読まなくてもかける感想とか。全然「感じて」も「想って」もいない。

でも、わかりました。これは、「交流」なのかもしれない。大人数に、丁寧に感想書かれている方もいて、多分、書かれた方は嬉しいわけでしょ。そうすると、自分が感じた嬉しいを誰かにも、って思ったりして。みんなハッピー。

ちょっと話それます。新しい武術の老師に出会えまして。対人練習なのですが、その人、手の内を全部明かしちゃうんです。ご自分が何十年かけて積み上げてきたものを。勿体ないほどに。師いわく、「自分だけこの技を盗んでやろうというエゴの塊に付き合いたくはない」。つまり、どんどん教えるから、オマエも誰かに伝達していいぞと。やばいカッコイイ。

こういう人に出会うと、自分もその人にいろんなものをフィードバックしようと思い、協力的になるというか、同調します。自分はさっきこう思った、これが良かったなど。周りの者もそうなる。これも「交流」。

上記の、2つの交流。同じなの……かな?。ちがうな。前者は、全然乗りに来ならない。後者はすっごい楽しかった。「相手を認めているかどうか」の違い、かな。

帰りたいだの、眠いだの、口を開けば不平不満、誰が悪い安倍総理が悪いなどと言ってる人間を、自分は尊敬できない。交流もしたくない。ひょっとしたらその裏面には、興味深い人間性があるのかもしれないけど、別にその人に着目する理由はない。

ツイッターはこれを、自分の人嫌いを、増幅してしまう。
もう、ツイッターしなくていいんじゃね?



……


……


…………ただ、自分は、作品を通して、その人たちへの応援歌を描いている。


ような気がする。
なんでか?


……


実は、自分の本質も実はそこにあって、鏡を見てるような気分になるから嫌なのかな。
自分を見る、つまり「自己受容」。

自己受容できていない人間は、きもいと思う。
アタシかキモいのは。
旅はまだまだ続く。


あ、だからってわけじゃないんですが、今後、プリキュアの方に割いていた時間をらばたのほうに入れて行きます。プリキュアのおかげで、一コマに何人も描くことが嫌じゃなくなったし、描けないものをたくさん書けるようになったので、まったくやめることはないですが、従来よりも比重が変わると思います。

令和に向けてゴー!